男は「自慢」女は「遠慮」しがち?

-shared-img-thumb-POK140321334108_TP_V.jpg

以前、
知っておきたい男女のコミュニケーションの差という記事で、男女にはコミュニケーションの性質に相違があることをお話しました。

今回は同じく精神科医のDeborah Tannen(デボラタナン)氏の著書、You Just Don't Understand Women and Men in Conversationに関連した内容をお届けします。

You Just Don't Understand: Women and Men in Conversation -
You Just Don't Understand: Women and Men in Conversation -

男性は自分をわかってもらうために「自慢」をする


-shared-img-thumb-150403156296_TP_V.jpg
タナン氏は、男性は他人とコミュニケーションを取る際、特にビジネスの場においては自分を自慢する傾向にあるということを述べています。

この本の中で、ある弁護士の夫婦の実際の会話を例として、男性の「自慢」の傾向が紹介されていますが、夫は「自分の仕事での成功は自分で示さなければ誰もわかってくれない」と考えているため、他人に自分の仕事での成功を多く語る傾向にあることを紹介しています。

スポンサードリンク





女性は理解してもらうための発言を自分からはしたがらない


男性は自慢をする傾向にある一方で、女性は自分の自慢をしたがらない傾向にあるということもタナン氏は述べています。

先ほどの弁護士夫妻の場合では、女性は夫や他人に自分が仕事で成功していることを語りがらず、逆に相手の側から「○○さん最近がんばってるみたいね」と言われたり、自分の居ないところで自分の成功を認めてもらうのを好む傾向にあるという例が示されています。

実は、女性は幼いころから「同調」すなわち自分と相手の共通点を探したり、できるだけ周りに合わせて行動することを好むということが研究の結果わかっています。

「自分はこんなに仕事で成功しているんだ」と自分を自慢したり誇示する男性が好むような行動は、「同調」とは正反対の性質を持ちます。

そしてそのような行動をしてしまった場合、女性は自分の周りのコミュニティーから浮いてしまうことにつながるため、それを回避するための行動だということが考えられます。


他の女性がいるところで女性を褒めすぎるのはNG!


女性の「周りから浮いて見られたくない」という心理を考慮すると、他の女性がいるところで特定の女性を褒めすぎると、それによって褒められた女性がその場に居づらくなったり、他の女性が彼女を妬んだりという結果を生む可能性があります。

ビジネスの現場においては、例えば営業成績が良かった人が全体の前で表彰されるといったことはありますが、それを好まない女性の方が多いという点を考慮すると、他の女性がいるところで特定の女性を褒めるのはなるべく控えたほうが良いと言えるでしょう。

この記事へのコメント

スポンサードリンク