NVC〜協働と共感のコミュニケーション〜①


※この記事はNVC(Non Violent Communication: 非暴力コミュニケーション)について言及していますが、書かれている内容は個人的体験によるものです。国際的に認定を受けたトレーナーだけがNVCについて正式に言及し伝えることが許可されています。

NVC(非暴力コミュニケーション)とは


clasped-hands-541849_1280.jpg

NVC(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)とは、コミュニケーションにおいて相手とのつながりを持ち続けながら、お互いのニーズが満たされるまで話し合いを続けていくという、共感を持って臨むコミュニケーションの方法です。
引用:NVC Japan


NVCはアメリカの心理学者、マーシャル・ローゼンバーグ博士が開発した、協働と共感のコミュニケーション。
家庭内のコミュニケーションから、ビジネス、外交、紛争解決にまでその応用範囲はおよび、世界中でその手法が注目されています。

日本語では『非暴力コミュニケーション』と訳されるNVCですが、ここでの「暴力」は、殴ったり、蹴ったりといった身体的なものよりもむしろ、人の気持ちを傷つけるような言葉や態度など、身体的なものを指しています。
直接傷つける意図がなくても結果として誰かに辛い思いをさせてしまったり、協力できたはずなのに分断してしまったり。
そういったコミュニケーションの不和に働きかけ、もう一度つながりを取り戻したり、より心地よい関係を築く手法なのです。
思いやりをもって会話に臨み、互いのニーズを満たし合うような協働関係を築くための方法が、NVCでは4つのシンプルなプロセスに体系化されています。

NVCの4つのプロセス


old-people-616718_1280.jpg

マーシャル教授は著書のなかでNVCについてこう述べています。
NVCは私たちに本来そなわっている力、ー人を思いやる気持ちを引き出すことで、自分自身と、そして自分以外の人々との交流を容易にする。自分自身を表現する方法、そして耳を傾ける方法を見直すプロセスとも言える。具体的には、次の4つのことに意識を集中させる。観察すること、感情に気づくこと、必要としていることを明確にすること、自分の人生を豊かにするために要求することに。
引用:『NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法』マーシャル・B・ローゼンバーグ(日本経済新聞出版社)


観察すること


NVCでいう「観察」とは、評価や判断を交えることなく状況を把握することを指します。
事実に勝手な解釈を加えて話すと、批判として受け取られたり、反論されたりする可能性が高まります。
事実を事実として観察し、描写するのは以外と難しいものの、このスキルが身につくと、伝えたいことを伝えやすくなったり、状況の共有がスムーズになります。

感情に気づく


「怒り」や「悲しみ」「楽しい」などの感情は人間だからこそ持っている大切な要素で、心の
通ったコミュニケーションには欠かせないものです。
にもかかわらず、普段あまり意識を向けられることはありません。
感情は大切な価値観に気づくためのサインになります。
感情に注意を向けることで、満たされている価値観、損なわれている価値観が明確になっていきます。

必要としていることを明確にする


どんな価値観をもっていて、何を必要としているかを明確にすると、その必要を満たすための手段を考えることができます。
NVCでは「ニーズ」と表現されることもあります。

要求する


なにを必要としているかが明確になったとき、誰かにサポートを頼みたくなるかもしれません。
そんなときに、より相手が快くそのリクエストを受け取ってくれるように、リクエストをするこちら側にも気をつけておくといいポイントがいくつかあります。

スポンサードリンク





詳しくは次回の記事で


今回は簡単にNVCの概要を紹介しました。
4つのプロセスの詳しい中身は次回からの記事で言及することとします。

この記事へのコメント

スポンサードリンク