「政治家」と「ひと」それぞれに求められるものの違い

※本記事は特定の政治的思想を支持したり批判するものではありません。

つい先ほど、非常に心に刺さるツイートを見かけたため、それに関するコメントをば。

「政治家」に求められるものとは





みなさんの心にはどのように響くでしょうか? 決して100人分の炊き出しを現場で配る人よりそれ以上の炊き出しを手配する人の方が偉いということが言いたいのではありません。しかし「政治家」という職業に求められるのはまさしく「手配」の行動ですよね。

反対に言えば、有事にそれだけの「手配」が迅速にかつ確実にできるような権力(御幣は承知です)、人脈がある人でないと政治家には相応しくないという考え方もできなくはありません。その地盤を整えておくのもまた政治家の仕事だと言えるのではないでしょうか。

2016年7月の参議院選挙はこの記事を書いている週の日曜日、そして月末には東京都の都知事選挙も行われます。最近は候補者の「ひととなり」も選挙の結果に大きな影響を与えるようにはなりましたが、やはり政治家に求められているものと「ひと」として求められることは必ずしもイコールでは無いのだなと感じます。

この記事へのコメント

スポンサードリンク